コンテンツへスキップ

住宅ローンという借金は人生に夢や希望を与えてくれるかもしれません。

結婚をきっかけに家やマンションを購入する人が多いです。その時に大半の人は住宅ローンを組んで購入するかと思います。この住宅ローン、もちろん借金です。退職する時までの数十年間にわたって返済していかなければならない、という責任を負うことになります。ローンを組めば簡単に仕事を辞めたり転職したりすることができなくなります。それまでのように贅沢な生活も海外旅行もできなくなるかもしれません。しかし一方で、ローンを支払っていかなければならないということで夫婦一眼となって仕事や子育てに励み、家族の結束が強くなる可能性もあります。夢のマイホームを本当に自分達のものにし、また将来的にはそれを自分達の子供に財産として譲っていくという希望も生まれます。毎月返済していかなければならないと考えると借金はしたくない、と思うかもしれませんが、そのことで働くことへの意識が高まったり、家族に対する責任感も生まれるのかもしれません。